MTAppjQueryPlusの増減可能なカスタムフィールドで、カラムがどんどん増える

WordPressのカスタムフィールドは、記事作成画面でフィールドを追加していくことができますが、MovableTypeでは、記事作成画面でフィールドを増やすことはできません。

これを可能にするのが、MTAppjQueryPlus というプラグインです。

MTAppjQueryPlus
https://github.com/riatw/mt-plugin-MTAppUnits

このプラグインをインストールすると使えるようになる「MTAppTableConverter」という関数を使い、MTAppjQuery の user.js に設定を書いてやると、テキストエリアとして作成したカスタムフィールドを、増減可能なカスタムフィールドにすることができます。

ところが、これを導入してみると、おかしな現象が起こりました。

たとえば、下記のような設定で2カラムの増減可能なカスタムフィールドを作ります。

$("#customfield_testfield").MTAppTableConverter({
  colcnt:2, //列数
  type:'textarea',
  thead:'2カラム設定'
});

すると、ブログ記事の作成画面で増減可能なカスタムフィールドができますので、ここに値を設定して、一度ブログ記事を保存します。
(MTAppjQueryのユーザースタイルシートで、わかりやすく色を変えています)

20131111-1.png

次に、改めてそのブログ記事を開き、更新すると・・・

20131111-2.png

なぜか、カラムが増えてしまいました。
保存を繰り返すと、カラムが一つずつ増えていきます。

増えたカラムに「-」が入力されていることから、原因は、フィールドを削除するための「-」ボタンが、保存時にカラムとして認識されているためだと思われます。

そこで、MTAppjQueryPlus の中身を見てみました。
MTAppjQueryPlus.js の204行目あたりに、入力されたテキスト等を変換している部分があります。

$("input[class!=remove],textarea",this).each(function(){
  rowarray.push($(this).val().replace(/\n/g, "<br />"));
});

inputタグのクラス名を見て、removeというクラス名がついていたらボタンだと判断し、処理しないようにしていますが、これがうまく動作していないようです。
そこで、:not( ) を使って書き変えると、うまく動作しました。

$("input:not(.remove),textarea",this).each(function(){
  rowarray.push($(this).val().replace(/\n/g, "<br />"));
});

ちなみに、元の書き方でremoveをシングルクオーテーションで囲ってみたりしてもダメでした。
私の知識だと、元の書き方でも問題ないような気がするのですが、どうなんでしょうね?
yuga.js などの自動でクラス名を追加するスクリプトが入っているのがいけないんでしょうか?

何はともあれ、増減可能なカスタムフィールドができると、複雑なレイアウトでもクライアントが入力しやすい記事編集画面を作ることができるので、このプラグインは手放せなくなりそうです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です